現在の位置: 上野村 > 行政情報 > 暮らし・手続き > 医療保険制度 > 後期高齢者医療 > 保険料の軽減

保険料の軽減

1.均等割額の軽減

同一世帯の被保険者と世帯主の総所得金額等の合計により、均等割額が軽減となる場合があります。軽減となる割合は次の表のとおりです。

軽減割合軽減後の均等割合世帯(被保険者及び世帯主)の総所得金額等による区分
9割軽減 4,100円 「基礎控除額〈33万円〉以下の世帯で、被保険者全員が年金収入80万円以下」の世帯(その他各種所得がない場合)
8.5割軽減 6,150円 「基礎控除額(33万円)」以下の世帯
5割軽減 20,500円 「基礎控除額(33万円)+26万円×世帯の被保険者数(被保険者である世帯主は除く)」以下の世帯
2割軽減 32,800円 「基礎控除額(33万円)+47万円×世帯の被保険者数」以下の世帯

2. 所得割額の軽減

基礎控除後の総所得金額等(所得割額の算定に用いる所得)が58万円以下の方は、所得割額が一律5割軽減されます(例えば、収入が年金のみの場合は、収入153万円から211万円までの方が、5割軽減に該当いたします)。

3. 職場の健康保険などの被扶養者であった方の軽減

後期高齢者医療の資格を得た日の前日に、職場の健康保険などの被扶養者であった方は、均等割りが9割軽減され、所得割額は課されません。

お問い合わせ先

このページの先頭へ